2024年3月30日土曜日

自由花/べにきりつつじ、パンダヌス、チューリップ

IHさんの作品です。

垂直に立ち上がったパンダヌスのラインが印象的です。
ツツジの枝とチューリップの茎が描くラインで切り取られた空間が、響き合っています。
チューリップの葉の表情もいいですね😊

写真 正面から→左から→右から
花材(左から) チューリップ[ユリ科]→パンダヌス[タコノキ科]→つつじ[ツツジ科]


2024年3月29日金曜日

直留め(5−12)/さくら、ドラセナ・コンシンナ、カーネーション

今回のテーマは「直留め」です。
花器により縦の添木留めや十文字留めができない場合があります。
その場合は直留めでいけます。
希望の角度で留めるためには、矯める技術で重心を移動します。

OSyさんの作品です。

1作目(直留め)
サクラがぐーっと、気持ちよく伸びています。
葉陰にカーネーションを置いたのもいいですね。
花材の関係で口元はちょっと足りません・・😊

2作目(自由花)
葉を折ることに挑戦しました。
折った葉先とサクラの小枝がツクツク、楽しい表情を作っています。
どの角度からも素敵です😊

写真(1、2作ともに) 正面から→左から→右から
花材(左から) さくら[バラ科]→カーネーション[ナデシコ科]→ドラセナ・コンシンナ[リューゼツラン科]


2024年3月28日木曜日

自由花/とさみずき、きんぎょそう

THさんの作品です。

3本のキンギョソウのバランスが良いですね。
左からと右からの、表情の違いがおもしろいです😊

写真 正面から→左から→右から
花材(左から) とさみずき[マンサク科]→きんぎょそう[オオバコ科]


2024年3月27日水曜日

自由花/ぼけ、ドラセナ・コンパクタ、スプレーぎく

ATさんの作品です。

レトロな雰囲気の花器にボケの枝、思い切りよく花を低い位置に集中させて・・。
ドラセナの構成もあり、モダンな印象ですね😊

写真 正面から→左から→右から
花材(左から) ぼけ[バラ科]→スプレーぎく[キク科]*使っていません→ドラセナ・コンパクタ[リューゼツラン科]


2024年3月25日月曜日

自由花/きいちご、ブラックリーフ、チューリップ

NHさんの作品です。

白いチューリップ・・オシャレですね〜〜〜
大人の雰囲気です。
花器も白黒を選び、ブラックリーフは細くして使っています。
キイチゴのカクカクした線、チューリップの茎や葉もよい働きをしています😊

写真 正面から→左から→右から
花材(左から) きいちご[バラ科]→ブラックリーフ[リューゼツラン科]→チューリップ[ユリ科]


2024年3月24日日曜日

つぼ(5-10)/もくれん、くじゃくひば、ばら

今回のテーマは「つぼに交差留めで自由花をいける」です。
「つぼ」は、拳が入る口径で、丸く膨らんだ胴が口径の1.5倍以上あるものを使います。
交差留めは、垂直に割った2本の枝を交差するよう挟み合わせて留める方法です。
そのため、ある程度の太さのある丈夫な枝が必要です。
3本目からは、交差したところに掛けて留めていきます。

OSyさんの作品です。

1作目(つぼ:交差留め)
しっかりした枝のモクレンを交差留めで、クジャクヒバで口元を整え、バラのピンクがポイントになっていますね。
3本目以降を交差した枝に掛けて留め、口元がスッキリ締まっていることが横から見るとわかります😊

2作目(自由花)
モクレンのカクッとした枝が表現に活かされています。
クジャクヒバの分量が作品を軽い印象にしてくれています。
2本のバラの位置もいいですね😊

写真(1、2さくともに) 正面から→左から→右から
花材(左から)  ばら[バラ科]→くじゃくひば[ヒノキ科]→もくれん[モクレン科]

 

2024年2月29日木曜日

自由花/ミモザアカシア、ぜんまい、チューリップ

YAさんの作品です。

1作目
土台のワイヤーの線から延長したようなゼンマイの直線と、調子を合わせたミモザとチューリップの曲線の対比がおもしろい関係を作っています。
垂れ下がったチューリップを下から見上げたい衝動に😊

2作目
花器の曲線とチューリップのリズムがおもしろいです。
葉の動き、ゼンマイのぐるぐるも更におもしろくしてくれています。

3作目
終了時間が迫ってからの3作目です。
花材にはあまり手を加えることができない状況で、高さを抑えて花器の形に視線が向くようにしたのが良かったですね😊


写真(1、2、3作ともに) 正面から→左から→右から
花材(左から) ぜんまい[ゼンマイ科]→ミモザアカシア[マメ科]→チューリップ[ユリ科]